中古携帯の買取を行う際の注意点とは

subpage01

近年では、携帯電話の機種変更を行う際に、いらなくなった中古携帯を買取に出す人も多いでしょう。

携帯電話は個人情報の宝庫であるため、サービスを利用する際には、データの削除などの作業を実施する必要があります。
まず電話帳やアプリなどについては、店舗で削除してくれることもありますが、事前に本人がデータの初期化を必ず行っておくようにしましょう。また機種によっては、初期化するだけでは完全にデータを消去することができません。



操作は端末ごとに異なるので、自分の機種のデータの削除方法をしっかり調べるようにしましょう。
そしてSDカードやSIMカードをきちんと抜いておきましょう。これらも店舗でも確認してくれると思われますが、重要なデータを保存している人もいるので、忘れないように注意が必要です。


買取はトラブルを避けるために、所有者本人しか買取を行うことはできません。
たとえ身内であっても、本人了承済みであったとしても、お店に断られてしまいます。


所有者本人であっても、サービスを利用する際には、免許証や保険証などの、本人を確認できる書類が必要になります。
インターネット上で依頼する際にも、本人確認書類の写真を添付して、メールで送信する必要があるので注意しましょう。



また端末代金の支払いが完了しているかどうか確認しましょう。



中古携帯は端末代金を分割払いで引き落としにしていた場合には支払いが終わっているか調べる必要があります。
中古携帯の残債を残して買取してもらうことは不可能なので、支払いは終えておくようにしましょう。