中古携帯を買取りしてもらう前に確認を

subpage01

使わなくなった中古携帯は、リサイクルショップや携帯電話の修理店などに持ち込むと買取が可能な場合があります。新しい機種端末に切り替えた時点で、使わないと判断した場合は、査定を依頼するといいでしょう。


国内で人気のある端末であれば、古いモデルの機種でも高値で買取出来ることも想定されます。
持ち込む前に、手持ちの端末の状態を確認します。


少しのキズや塗装の剥がれがある場合は、対処してもらえる場合がありますが、大きなキズやへこみなどがあると、手続きは出来ても非常に安価な価格になることもあります。



値が付かない場合は、処分した方がいい場合もあるでしょう。

ただし、査定自体は無料で出来る中古携帯店が多いですが、インターネットサイトに宅配で送付し、査定を依頼する場合、買取額に満足できずにキャンセルとなると、配送料金や査定料金が請求されることもありますので、注意してください。中古携帯を買取する場合は、まず、内部のデータを全て消去するようにしてください。大切な写真やメールアドレスがある場合は、SDカードに保存しておくか、ソフトを使ってパソコン内にデータを保管するといいでしょう。
データを削除して、パスワードなどの解除もしたのを確認してから、端末の初期化を行って、出荷された状態に戻してください。

パスワードを生かしたまま初期化をすると、後で解除できずに困ることがあります。
中古携帯を扱う店舗では、買取後に保存されたデータが悪用されるのを防ぐため、ソフトを使ってデータに上書きをして、初期化された端末から復元が出来ないように対処出来る所が多いです。
初期化をしても、特殊なソフトを使えば、データの復元が可能になる場合があるため、サービスが出来る所であれば安心して取引出来るでしょう。



査定を申し込む前に問い合わせて確認してみるのがおすすめです。